屋根の火災保険修理

屋根の火災保険修理

屋根の葺き替え修理を火災保険で行う。という言葉を聞くと何か「甘いささやき」にも聞こえますが、実際、火災保険適用の条件にあえば、保険金を利用して、無料で屋根を修理することは可能です。ただ、「甘いささやき」というか、この制度を悪用している業者もおり、被害の報告が後を絶ちません。今回は火災保険を利用した葺き替え修理について、正しい知識を身につけ、お得な屋根修理、そしてトラブル対策に役立てましょう。
 

火災保険適用の条件・風災

火災保険を利用して屋根を修理するためには、その適用条件を満たしている必要があります。絶対にこうでなければならないというその条件は「風災」と呼ばれるもので、台風や突風などの自然に端を発する災害で、雨漏り、雨樋の破損、屋根材の破損などなどの被害が建物に発生することを言います。
風災が原因で、建物に上のような被害が発生したことを証明できれば、保険金による修理が可能になるというわけです。
 
風災に認められれば火災保険を利用した屋根修理の可能性が高まります。ただ、その他にも条件はあります。
 
  • 20万円以上が屋根の修理費としてかかること。
  • 被害から3年以内(屋根修復が必要になってから)
 
などの条件があります。これらが一つでも満たされないのであれば、火災保険を利用しての屋根修理はできません。


倉敷で雨漏り修理・屋根カバー工法・屋根補修

倉敷で屋根工事・屋根リフォーム

倉敷で屋根葺き替え

倉敷 屋根塗装

倉敷の火災保険修理

倉敷 瓦修理

倉敷 瓦葺き替え

倉敷で屋根修繕・天窓工事

倉敷 屋根修理